女性との初デートでスゴイ男になろうとしてはいけない

気になる女性との初デート。もちろん緊張するし張り切るでしょう。
しかし、張り切りすぎて女性から惹かれるどころか引かれてしまったり、嫌な思いをさせてしまう男性が多いようです。
そこで、初デートで男性が空回りしがちなケースを二つ挙げます。

1.「スゴイ男」になりきろうとしてはいけない
多くの女性はカッコイイ芸能人やタレントに夢中。
しかし、見よう見まねで彼らのようなスゴイ男になりきってアピールするのは逆効果です。
タレント達はスゴイ男を演じることが仕事なので、プライベートはまた別です。
逆の立場になって考えてみると、好きな女優に迫られたらドキッとはしますが「なんで○○さんみたいなスゴイ人が俺に?」と疑ってしまいますし、女優としての彼女が好きならプライベートのだらしない姿を見てしまったときに少し幻滅してしまうでしょう。
芸能人やタレントのようなスゴイ男は単なる憧れの対象であり、恋愛対象とは異なるのです。
ほとんどの女性は同じ目線になって常に寄り添ってくれる男性を求めています。そのため、高嶺の花であるスゴイ男は「かっこいいけど付き合うとなるとちょっと……」と距離感を感じてしまう女性が多いのです。
かといってだらしなさすぎるのもNGです。プライベートよりほんの少し張り切る程度で行きましょう。

2.女性のプライドも考えよう
初デートで食事に行った際、ドヤ顔で「俺が全部払うよ」とお金を出す男性は多いでしょう。
この行動、実は必ずしも「まあ素敵!」と思われるとは限りません。
なぜなら、男性は仕事、女性は家事といった昔の時代とは違って現代は女性も積極的に働く時代だからです。つまり、社会人であれば女性は金銭面では自立しているのです。
そのため、初っ端から全額奢られてしまっては「もしかして私ナメられてる?」と不快にさせてしまうことがあります。
相手の女性がまだ学生さんだったり病気で働けないなどの事情がある場合を除き、基本的にデート代は割り勘にしましょう。
かっこいいところを見せたい気持ちは分かりますが、女性にもプライドがあることを忘れてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>