被害妄想で過度に浮気を心配する男性に怒鳴られた

私が過去にお付き合いしていた方のお話です。
付き合う前、彼は本当に優しく、男女ともに人気のある方でした。浮気なんて絶対にしない人だと自信を持って言えます。
大抵相手に浮気をされて別れるんだと話を聞いていましたが、相手の方の行動が理解できないといつも思っていました。
そんなある日、私も彼とついに付き合うときが・・!

付き合えた時は本当に嬉しくて嬉しくて。
初めの1ヶ月間は喧嘩も何もなく本当に幸せな時を過ごしました。
それからです。
気づいたら会うたびに喧嘩・・というより一方的に怒られてる?
私が何か悪いことをしたならわかるのですが、会ってない間の時間何をしていたのか、という内容です。
時間があれば極力電話もしていましたし、メールはかかさず返していました。逆に長い時間仕事の都合で返信出来ないのは彼の方です。
なるべく事細かに説明をするのですが、一回は納得するものの、数時間後にはまた怒鳴られるのです。
内容は、
「どうせそこに男がいたんだろう。」
「言わなくても分かるんだから、嘘つくなよ。」
「目を見れば分かる、お前は嘘をついている。」
といったもの。
今改めて文章にしてみるとぞっとします、嘘をついていないのに目を見れば分かると言われても・・(笑)
こうして彼の被害妄想での言いがかりが増え、会うたびに怒られるようになってしまったのです。

嘘をついていないのになぜそこまで言われなければならないのかと問えば、
「お前は昔、毎日男女みんなでどんちゃん騒ぎするのが好きだったろう?その間俺はずっと仕事をしてきたんだ。」
と。
私は幼馴染とたまに遊んでいただけなのですが、男女に友情はないと。
一方の彼は付き合ってからもクラス会にもしっかり参加しているし、私よりはるかに出会いがあるのでは・・?
私は幼馴染とも自然と会うことをやめていたのに、自分のことは棚にあげるんです。
こうしているうちに今度は会うたびに別れ話をされるように。
最初こそは嫌だ嫌だと引き止めていましたが、もう疲れてきた頃に一度だけ分かれを了承したんです。

そしたら彼、泣きました(笑)

なんで俺がこんなに思っているのにわかってくれないのかと。

もうわけがわかりません。

徐々に会う回数を減らし、結果自然消滅することができましたが、被害妄想で怒鳴られるというのは恐怖でしかないですね。
悪いこと何もしていないんですから。
なぜそこまで考えられるのかと不思議でたまりませんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>